白癬菌ってどんな菌?水虫を起こす「白癬菌」の秘密とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

白癬菌

水虫経験者なら聞いたことがあるかもしれませんね。

白癬菌―。
水虫を発症させる菌として有名なこの菌ですが、実はカビの仲間。
水虫症状を引き起こす「皮膚糸状菌」は40種類ほどの仲間が世界にはいるとされていますが、このうち日本人への感染が認められているのは10種類ほど。

この中でも、さらに頻度が高く感染がみられるのは「トリコフィトン・ルブルム」と「トリコフィトン・メンタグロフィテス」です。

他にも10代の柔道やレスリング選手を中心に感染が拡大している菌もあり、これは「トリコフィトン・トンズランス」と呼ばれます。
これは試合などで皮膚が直接接触することで感染が起こると考えられています。

他にも動物同士で感染が広がる白癬菌や土を好む白癬菌など、同じ菌でも繁殖する環境は大きく違います。

人に移る白癬菌はどこが好発部位?

水虫の好発部位は足

人に繁殖する白癬菌はケラチンをエサにしています。
ケラチンとは、皮膚や髪の毛、爪などを構成するたんぱく成分。

ということは、人の体は粘膜以外はすべてケラチンで覆われていると言っても過言ではありません。
結果、ケラチンをエサにする白癬菌は人の体のいたるところで発症する可能性があります。

頭で起こった場合には頭部白癬(しらくも)、股間に起こったら股間白癬(いんきん)、体部なら体部白癬(たむし)、手は手水虫、足なら足水虫、爪なら爪水虫という名になります。

このように人の体ではほぼ全ての場所で発症の可能性がある白癬菌感染ですが、好発部位というのがあります。

白癬菌は気温15度以上、室温70%以上で増殖が活発化します。
この環境が起こりやすい場所、それが足です。

足は靴や靴下で密閉された環境を作ります。
革靴を履いた足はたった10分で湿度100%にまで達します。

このような環境を作ることで白癬菌が活発に増殖し、結果水虫を発症することになるのです。

付着からどれくらいで感染に至るか?

感染に至るまでの期間
白癬菌はどこにでも存在します。
ジム、温泉、公共施設。
今や日本国民の4人に1人は水虫と言われる昨今、白癬菌が付着したケラチンはどこにでも転がっています。

それに触れたら即感染、でしょうか。

前述したように白癬菌には増殖に適した環境があります。
そして、極めて乾燥に弱いという特徴もあるのです。

そのためいくら白癬菌に触れたとしても、洗って乾燥させている限り、通常はなかなか角質深部まで潜り込みません。
白癬菌が角質層に潜り込み、感染するには最低でも24時間かかると言われています。

この間、白癬菌の好む気温15度以上、湿度70%以上を維持しないとなかなか感染には至らないといいます。

白癬菌への感染を防ぐにはとにかく、乾燥させること。
湿潤状態を長く続けないことが大切です。

白癬菌は感染力の強い菌ではありません。
しかし、うっかり不衛生な状況を作ることでその隙をついて感染してきます。

白癬菌は一度感染を起こすと、自力ではなかなか完治させることが難しいもの。
胞子で増える白癬菌の場合、たとえ菌自体を殺しても胞子はなかなか消すことができません。

白癬菌を完全に無くすには、抗真菌剤を正しく使用するか、それと同等の治療を症状が消えてから最低1か月以上続ける必要があるのです。

まずは感染させない環境を作ること、万が一感染してしまった場合には正しい治療を行うこと。

この2つが白癬菌を殺菌するのに重要です。

当サイトで人気の最新水虫アイテムベスト3はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク