水虫の足は臭い?水虫で足が臭くなる理由と具体的な対策のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水虫の足は臭う?

水虫の足は一般的に何だか臭うイメージはありませんか?

実際、水虫を保有する足は臭うことも多いと言います。
なぜ水虫の足は臭ってしまうのでしょうか?

水虫足が臭う原因は2つある

b4c48761e8a207d5ed54c207d55466c5_s_R

水虫足が臭うには2つの原因があると考えられます。

そもそも水虫足になりやすい足というのは高湿度のまま長時間経った足です。
革靴やエナメルなど、汗が発散できないような素材の靴では履いて10分で湿度が100%に達すると言います。
その状態のまま長時間放置すると、例え水虫がいないとしても他の雑菌が繁殖し、臭いを発生していまいます。

このように理由の一つは「水虫を発症しやすい環境」が原因です。

もう一つは直接水虫の作用に関する部分。
水虫は特性として角質層に深く潜り込もうとします。

結果、私達の反応はそれを異物とみなして攻撃を始めます。
この攻撃こそが水虫足が臭う原因になっているのです。
水虫の原因となる白癬菌を攻撃するのは白血球やリンパ球。

これらは懸命に水虫菌と戦います。
その結果、多数の死んだ白血球やリンパ球が出てきます。

これを滲出液と呼びます。

水虫になると足の指の間などがジュクジュクします。
これは滲出液が原因です。

この滲出液が多く出ることで足はさらに高湿度となります。
結果、この滲出液やふやけた古い角質をエサに臭い菌が活発に増殖します。
こうして足の臭いが強くなってしまうのです。

嫌な足の臭いを何とかしたい!

足の臭いを何とかしたい

もっともスムーズに足の臭いを改善するためには、足を高温多湿な状態にしないことが重要です。
臭い菌も水虫の原因となる白癬菌も、湿った環境を好みます。

逆に乾燥した環境では増殖できない性質があるため、なるべく足を乾燥させるようにします。
この結果、臭いの原因となる菌は増殖できず、臭わない足となるのです。

長時間靴を履くのは避けられないのなら

お仕事柄、どうしても長時間靴を履き続けなければならない場合があるかと思います。
その場合には、足の蒸れを少しでも改善させるような工夫をします。

ムレ対策を施したビジネスジュースを選ぶのも一つの手です。
1957×ROYAL TRAD楽天楽天ランキング第1位となったムレ対策のビジネスシューズ

また五本指の靴下やシルク素材のものを選ぶことで、汗を効果的に放散するようになります。
シルク 100% 五本指ソックス/上質仕立

抗菌素材の靴下やストッキングを履くのも効果的です。

手持ちの靴下や靴自体の臭い菌を長時間に渡り、殺菌してくれるアイテムもあります。
急速消臭スプレーの「ヌーラ」

このようなアイテムを使い、効果的に抗菌・殺菌することで臭いを出しにくくなります。

白癬菌は臭い菌ではない

白癬菌

水虫を発症させる白癬菌は臭いを発生させる菌ではありません。
水虫菌を完全に根絶したとしても、臭い菌が発生する限り、足の臭いは改善されません。

高温多湿の環境は臭いを発生させる菌にとって好ましいもの。
この環境を作らないことが臭い体策には最も有効なのです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク