水虫の完治ってどうやって判断したらいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水虫の完治はどうやって判断する?

水虫はいったん治療を開始するとなかなか終わりが見えないと感じることも多いのではないでしょうか?

症状も無くなったし・・・そろそろ塗り薬を止めちゃおうかな・・・と自己判断で薬を中止される方も少なくありません。
しかし、水虫は抗真菌剤を止めるタイミングが早いとすぐに再発してしまう可能性が大きいのです。

それでは一体何をもって水虫を完治したとしてもいいのか、具体的にまとめていきます。

基本は症状が無くなってから1ヶ月は薬を続ける

抗真菌剤は症状が改善してもさらに1ヶ月は続ける

水虫の平均的な治癒経過として、抗真菌剤の塗布を開始してから約1~2週間でかゆみが消失します。

その後、次第に皮膚症状が改善を見せ、趾間型・小水疱型の場合には2カ月程度、角質増殖型の場合には6カ月、爪白癬の場合は爪が完全に生えかわる1~1年半を目処に治療を続けます。

皮膚症状や爪の症状が改善しても、そこからさらに1ヶ月間は抗真菌剤を塗り続ける
必要があります。

完全に治癒したのかどうか心配・・・

完治したかどうか心配なら

もし完全に治癒したかどうか調べてほしい場合には、医療機関を受診し、顕微鏡検査をしてもらうことではっきりします。
最初に水虫の診断をする際にもこの顕微鏡検査はするかと思います。

治癒していれば、この顕微鏡検査をした際にも白癬菌は認められません。
結果、晴れて水虫を根治したということになります。

根治しても環境を変えないといずれ再び水虫になる

白癬菌

例え一度は完治したとしても、高温多湿の環境に長く皮膚を晒す環境を続けると水虫を再発する可能性が高くなります。

水虫菌は気温15度以上、湿度70%以上で活発化します。
さらにこの環境を24~48時間以上続けると、角質層へと深く潜り込み、そこでも増殖し始めます。
これが水虫の始まりです。

水虫の治療に入ったら、まずは皮膚を高温体質の環境にできるだけ晒さない工夫が大切です。
通気性のよい靴を選んだり、毎日履く靴を変え、日光消毒するなど、簡単にできることは少なくありません。
自分なりに習慣化できる方法を見つけて、環境改善に努めることを勧めます。

水虫になったら絶対抗真菌剤を使わなくてはいけない?

抗真菌剤を使いたくないなら

水虫治療のネックになるのが長期間の薬の使用です。

「そんなに長い間薬を使用して大丈夫かな・・・」と不安になる方も少なくないようです。
抗真菌剤の塗り薬は副作用がほとんどないと言われています。

基本的には抗真菌剤の塗布を長期間続けても、ほとんど悪影響はないものと思います。
ただ、不安が拭えないまま使い続けるのは精神衛生上好ましくありません。

その場合には、抗真菌剤と同等の効果が期待できる市販のネイルケアアイテムを使うのも一つの手です。

使った方の94%が効果を実感したクリアフットヴェール

クリアフットベール

このクリアフットヴェールは水虫のケア用品で初めてCPL(環状重合乳酸菌)が採用されたものです。

CPL(環状重合乳酸菌)とは?

CPL

最近注目を集めるこの成分。
がん治療などで効果を発揮しており、今後医療の現場でますます目にする機会が多くなるであろう期待の成分です。

このCPLは、簡単に言えば免疫機能を高める効果があると言われています。
酸素供給をスムーズにし、エネルギー生産を助け、細胞1つ1つを活性化させるのが主な効果です。

それとは別に、体に悪影響を及ぼすがん細胞などに対して、特殊な活動を起こすことで注目を浴びています。
がん細胞にエネルギーを供給する機能にブロックをし、がん細胞のエネルギー源を奪ってしまうことでその細胞を殺します。

現在医療現場では肝がんなどに積極的に治療に使われているCPLですが、白癬菌のエネルギー供給源に対してもがん細胞と同様の効果が期待されています。

他にも水虫に効果的な成分が

竹酢液は昔から水虫に使われてきたものです。
この竹酢液には、水虫菌に対して高い殺菌効果と抑制効果があると考えられています。

さらにサリチル酸を配合することで角質を柔らかくし、有効成分を角質層の深部まで届けることができるようになります。

クリアフットヴェールは最新の有効成分と昔からある治療法を一つに組み合わせた面白いアイテムだと言えます。

1本使い切っても全額返金保証

このクリアフットヴェールを15日以上使っても効果が実感できない、と感じた場合、購入から25日以内に限り全額返金保証を受けることができます。

これがあるからこそ、安心して最初の一歩を踏み出すことができますね。

CPL(環状重合乳酸菌)を使ったクリアフットヴェールの公式サイトへ

まずはご自身の目でこのアイテムの詳細を確認してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク