水虫の原因と感染防止の秘訣!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水虫の原因について

そもそも水虫って何?

水虫は白癬菌というカビの一種が皮膚角質層に寄生することで起きる一連の皮膚・爪のトラブルです。

白癬菌には土や動物を好んで寄生するものなど、自然界には30種類以上があるといいます。
この中で、人間の足を好んで寄生するものはヒト好性菌と呼ばれ、人の皮膚に含まれるケラチンという成分をエサに増殖します。

角質はこのケラチンの宝庫というワケです。

また、繁殖に適した環境は高温多湿
靴で蒸れた足は白癬菌が繁殖するために必要な要素が全て揃った好条件の環境のため、水虫の9割は足に起こると言われています。

何をもって水虫だと判断できるのか?

足の皮が剥ける
水泡がぽつぽつとできる
指と指の間がふやける
足がかゆい
かかとが白い

と、いわゆる「水虫っぽい足」なら大人であればほぼ全員が経験しているのではないでしょうか?

残念ながら上記したこの5つはいずれも水虫の決定的な症状ではありません。

足の裏は手のひら同様に汗腺が豊富。

さらにカッチリとした革靴やブーツは、履いて数分内に内部の湿度は100%に達すると言います。
結果、足は蒸れに蒸れ、ふやけた皮が剥けることもあるのです。

他にも汗疱(かんぽう)と言い、汗が皮膚下に溜まってしまう皮膚疾患も、皮剥けの原因になります。
この疾患は見た目には水虫に近い状態に見えることもありますが、決定的に違うのは菌の感染で起こるものではない、という点。

水虫は白癬菌というカビの一種である菌が原因であるのに対し、汗疱は菌が悪さをしているワケではないため、感染のリスクはありません。

このように、水虫は見た目だけでは判断できません。

水虫かどうかを本当に判断したいのであれば、顕微鏡検査(真菌鏡検)を皮膚科で受ける必要があります。

水虫っぽいけど・・・病院に行く時間がない!市販薬を使っていい?

水虫かもしれない・・・と思うけれど、なかなか忙しくて病院に行けずに放置される方は多いと思います。
そんな方にとって強い味方は市販薬。

例えば、「ブテナフィン塩酸塩」という抗真菌成分があります。
処方薬であれば、ボレー、メンタックスなどがあります(クリーム&スプレー)。

これと同じ有効成分の市販薬(指定第2類医薬品)にはブテナロックやメディータムなどがあります。

一般的に処方薬と市販薬では処方薬の方が有効成分の含有量が高く、よく効くというイメージですが、水虫の薬に関しては有効成分の含有量は市販薬も一緒です

以下は同じ有効成分が同じ量含まれた処方薬と市販薬を示したものです↓
水虫、市販薬と処方薬


市販薬は手軽に水虫薬を試せるというメリットがあります。
しかし水虫の診断がついていない場合、誤って水虫ではない皮膚疾患に薬を塗ってしまう可能性が。

重篤な副作用は確認されていないものの、水虫ではない場合に抗真菌剤を塗布していても効果はありません。

市販の水虫薬を使うデメリットとして、見当違いの治療法をしてしまう可能性がある、というのは頭に入れておくといいかと思います。

決定!水虫かと思ったら行うべきフローチャート

以下は水虫を疑った際の理想的な流れをまとめました。

水虫を疑う

皮膚科を受診

顕微鏡検査を受ける→水虫否定→診断に適した治療開始

水虫と診断

抗真菌剤を処方

主に4種類の抗真菌剤の中から自分の水虫に合う抗真菌剤を模索する

自分に合う抗真菌剤を見つける

水虫症状の改善

水虫症状の完治

完治からさらに最低1ヶ月抗真菌剤の塗布を続ける

治療終了

顕微鏡検査は即日結果が出るのが普通です。
気になる皮膚トラブルが起きたら早めに受診をし、適切な治療を開始することで重症化する前に改善することができます。

また水虫治療の要は「再発対策」です。
症状が出なくなっても、菌は角質内に留まっていることがほとんど。

安心して治療を止めてしまうと、弱っていた白癬菌が再び力を取り戻して、症状が再発することがあります。
症状が出なくなっても、最低1ヶ月は治療を継続する。

これを徹底することは再発防止に繋がります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク